menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

07
夢実現学

【娘のおもちゃからヒントを得たチャンスと器の関係】~夢実現学~

2018/08/18

【娘のおもちゃからヒントを得たチャンスと器の関係】 ~夢実現学~

長女が一歳の時に、
娘のおもちゃからヒントを得ました。

同じ形のものを型に通すおもちゃ。
これはチャンスと受け取り手の関係に近いかと。

器が小さいとチャンスが来ても受け止められない。

器の大きさが同じくらいでも形が違うと受け止められない。
同じ形でも向きを変える工夫が器にないと受け止められない。


その工夫を常にしている人、
そして、これはチャンスかもと認識している人、
そして、チャンスが来るタイミングを見るために、常に未来を見ている人、
そして、経験値が上がり、器が大きくなった人。
そんな人がチャンスチャンスとして、意味付けて掴んでいるのだと思いました。

大きな器はたいていのことは全て受け止められる。
そういう器にするには、経験値が必要。

あとは、工夫や考え方が必要。

チャンスとの関連は掛け算。

100回チャンスがあっても、

心がふさがっているとすると、
もちろんチャンスが通る穴はなく、

心×チャンス

0×100=0


あと、この形のものなら常に受け取れるっていう人はいます。
受け取り方が、ハートの形ならハートを受け取るし、
お金の形ならお金を受け取る。
これは器を決めているのも考え方だという証。
器の形や大きさは自分で決められるようになるし、
チャンスも目に映るようになります。

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

PICK UP

 

Column