menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

38
ボディーケア

不眠症で問題となる体内リズムの乱れの整え方①

2019/11/25

『カラダとココロに循環を生む整体』をコンセプトに
神奈川県藤沢市の湘南台で波動美容整体をしている

カラダうるおいクリエイター 藤林源(ふじばやしはじめ)です。

また、エネルギーワークの

UE(アルティメットエナジェティクス)認定講師です。

 

 

 

不眠症で問題となる体内リズムの乱れの整え方①


不眠症や睡眠障害の方は
好きで体内リズムを崩しているわけではないのですが、体内リズムの仕組みを知ることで

徐々にでも習慣の改善に繋がればと思います。不眠症や睡眠障害は
明らかに心理的なものが
大きいのですが、
習慣を変えることで
その心理的なものによるダメージを減らすことに
繋がる狙いもあります。

 

体内リズムや体内時計というものは、
サーカディアンリズム(概日リズム)とも呼ばれます。

 

24~25時間周期の生理現象であり、
人間だけでなく、多くの動物や植物に存在します。

 

体のリズムなので、体内である程度の周期を保っていますが、
環境や外部からの影響により、
このリズムは狂ったり、調整したりします。

 

毎日のサーカディアンリズムの誤差を
微調整しているのは、
朝の日光。

 

つまり朝日です。

 


朝日に照らされると
脳の間脳の中の松果体
体内リズムを調整し、
朝の体にリセットされます。決まった時間に
朝日を浴びることが
体内リズムを整えます。睡眠不足が続くと朝早くに起きられず、
夜型になったり、昼寝を多くとったり
する方がいますが、
まず一定のリズムにするきっかけとして
心掛けてみると良いと思います。

 

 

しかし、これは本格的な不眠症や睡眠障害の方が
試すことでつらくなるようなら別のアプローチからの方が良いです。
何をするにも無理をせずが重要です。
ただでさえ眠れなくて心身のつらい状況で
さらなるストレスを与えてしまうと
負の連鎖に繋がってしまうからです。でももしこの
朝日を浴びることを取り掛かれるようであれば、
体の中で、セロトニンやメラトニンという脳内神経物質も
分泌されるための条件がひとつ満たされるので、
習慣を作るためのきっかけとしてオススメです。
セロトニンやメラトニンと松果体の仕組みについては
また後日お伝え致します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

私は治療院時代から2万人以上の施術をしてきて、
不眠症に悩む方も多くみてきました。

その中で、不眠に悩む方(3000人ほど)
のたくさんのお話を聴く中での
傾向があったのです。それらについても今後
コラムに書いていこうと思います。

整体施術メニューの
カラダうるおいセラピーでは、
整体90分の中で
トリガーポイントによる深層筋を施術すると共に、
東洋医学の経絡を整えることや
UE(アルティメットエナジェティクス)という
エネルギーワークにより、心身へのアプローチを行います。
不眠症の方には、
チャクラの調整もできて、これにより自律神経が整い、
快眠の準備ができます。カラダうるおいセラピー施術後1週間以内に
施術分析シートを送付致します。
これには、ストレッチや食事や
日頃のメンテナンス方法や
過ごし方をお伝え致します。詳しくはこちらから

 

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter