menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

43
ボディーケア

今日の自分にも明日の自分にも厳しい睡眠不足の方は被害者意識も高まりやすい

2019/12/13

『カラダとココロに循環を生む整体』をコンセプトに
神奈川県藤沢市の湘南台で波動美容整体をしている

カラダうるおいクリエイター 藤林源(ふじばやしはじめ)です。 

また、エネルギーワークの

UE(アルティメットエナジェティクス)認定講師です。


 

今日の自分にも明日の自分にも厳しい睡眠不足の方は被害者意識も高まりやすい

睡眠時間が短い人の中に、
その責任感によって自分を苦しめてしまう人がいます。

今日の自分にも明日の自分にも
厳しい睡眠不足の方です。

明日の自分に任せるという
線引きがうまくない人がいます。
その日のうちに
全部やりたくなるのです。
その日のうちに全部やろうとすると
その日に眠れる時間も短くなるし、
次の日には、
睡眠不足になり、
集中力がなくなり、
負の感情を溜めやすくなります。
つまりこれは、
明日の自分に対しても
つらい想いをさせているのです。
自己犠牲の精神で、
今日を生き、そして翌日の
自分に対しても犠牲を払わせる。
なので、自分に優しく
なくなってしまいます。
優しくなくなると
自分が味方ではなくなる
感覚になると
自分に自信を持てなくなります。 
全員敵に感じてしまうのです。
こうなると、周りが悪意がなくても
被害者意識が出てしまうのです。
被害者意識を直そうとするには、
自分を許すことから。
自分を認めて愛すことから。
これが少しでもできるようになると
だんだん被害者意識の視点は
薄れてきます。
また、
負のループから抜け出すためにも
1日1日の自分へのノルマを
継続可能な範囲で設定することが必要になります。しかし、責任感のある方は、
自分一人で決めようとすると
頑張ってしまうので、
睡眠を重要視した上での
計画を立ててみましょう。

 

 

私は治療院時代から2万人以上の施術をしてきて、
不眠症に悩む方も多くみてきました。

その中で、不眠に悩む方(3000人ほど)
のたくさんのお話を聴く中での
傾向があったのです。それらについても今後
コラムに書いていこうと思います。

整体施術メニューの
カラダうるおいセラピーでは、
整体90分の中で
トリガーポイントによる深層筋を施術すると共に、
東洋医学の経絡を整えることや
UE(アルティメットエナジェティクス)という
エネルギーワークにより、心身へのアプローチを行います。不眠症の方には、
チャクラの調整もできて、これにより自律神経が整い、
快眠の準備ができます。カラダうるおいセラピー施術後1週間以内に
施術分析シートを送付致します。これには、ストレッチや食事や
日頃のメンテナンス方法や
過ごし方をお伝え致します。詳しくはこちらから

 

 

【予防医学や美容における無料メール講座配信開始のお知らせ】
美肌になりたい、
ダイエットしたいと
美容に意識が向く中、
冷え性(冷え症)や不眠症、
自律神経やホルモンの乱れ
などを抱えてはいませんか?

 

治療院で院長経験があり、
2万人以上を施術し、
それぞれのお悩みを聞いていく中で
たどり着いた予防医学の考え方。
これは美容にも関係します。

 

今回、無料メール講座を作成し、
より多くの方に知って頂き、

お役立て頂きたいと思います。

 

『波動と理論のアプローチにより、
予防医学の実践で美容も手に入れる方法(無料メール講座)』

 

この無料メール講座は

10日間連続での配信となります。

 

その1通1通から受け取るものは

これから健康を見直すための財産となります。

 

この10通に込めた想いは、
多くの方がよりイキイキと過ごせて
人生を楽しめるために、
上手に体と付き合って、
ご自身の体を愛せるように

なればと想い作りました。

 

10通の内容はこちらです。

 

①自己紹介と今のスタイルになるまでの実績
②波動美容整体について
③体を作っているもの(気、血、水)と周波数
④痛み 健康 予防の段階別の健康観【予防医学を目指すと美容がついてくる】
⑤予防や美容を目指すならホリスティックな考え方が重要
⑥予防や美容においての9つの前提(血流、体温、睡眠、腸内環境、ミトコンドリア、自律神経、呼吸、環境、マインド)
⑦意図の可能性~量子力学が教えてくれる心と体の繋がり~
⑧体からのメッセージはどのように伝えてくれるのか~魂と社会との天秤の狭間で心が嘘をつくシステム~
⑨体の意識と心の意識に関わるエネルギーワーク
⑩『予防医学』は自分の体や心や魂と意識的に向き合うこと

この10通になります。

 

ご興味あれば是非ご登録お願い致します!!
Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

PICK UP

 

Column