menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

06
栄養学

体作りにおいて、タンパク質を吸収させるために一緒に摂るべきもの3つ

2018/09/27

体作りにおいて、タンパク質を吸収させるために一緒に摂るべきもの3つ

身体作りのためにタンパク質を摂っても、
タンパク質がうまく吸収できない人がいます。

 

せっかくタンパク質を摂っても吸収されないと
もったいないし、老廃物が増えるだけになってしまいます。

 

そこで、消化吸収を促すためにタンパク質と
一緒に取りたい3つの食品をお伝えします!

 

少なくともどれか一種類は摂りたいです。

 

結論から言うと、

です。

 

タンパク質を消化することを促すには、
酵素が重要になります。

 

タンパク質が腸内で吸収されるにはアミノ酸にまで分解されないといけません。

 

しかもアミノ酸の分子構造は糖や脂質に比べて大きいです。
それをさらに吸収しやすくするには、
消化酵素の働きが活発である必要があります。

 

元々腸内には消化酵素がありますが、
腸内環境が乱れると酵素の数も減ってしまいます。

 

そこで、酵素を補う必要があります。
食物から摂れる酵素は補酵素として、
消化酵素の手伝いもしてくれます。

 

酵素は発酵食品や生野菜から摂りましょう。
味噌や納豆、キムチ、甘酒などの発酵食品や
サラダなどの生野菜が多くの補酵素を持っています。

 

 

野菜が生の理由は、野菜に含まれる酵素
約50度ほどの熱によって死んでしまうためです。

 

酵素が生きていないと補酵素の役割を果たしません。

 

生野菜には食物繊維も豊富なので腸内環境がさらによくなります。

 

3の海藻は、食物繊維も豊富だし、
ミネラルも豊富です。
胃腸も活発に動くし、
ミネラルとタンパク質が合成されて筋肉になりやすいです。

 

タンパク質を効率的に吸収するためにも、
腸内環境を整えるためにも、発酵食品と生野菜、海藻を意識して食べましょう!

 

あとはよく噛む。これにより、消化を促進!

栄養学のご相談はカラダうるおいクリエイター 藤林源の
LINE@でお気軽にご質問下さい!!

 

。°.。❅°.。゜.❆。・。❅。。❅°.。゜.❆。・。。❅°.。゜.
カラダうるおいクリエイター
藤林源(ふじばやしはじめ)
湘南エリア(藤沢、湘南台)を中心に活動。
・整体
・訪問整体
・エネルギーワーク(気功)
治療院院長経験あり。累計2万人を施術。
問診をそれぞれの状態に合わせてカスタマイズした施術をします。
お気軽にご相談下さい。
LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40dwe2422r
ID検索の場合:@dwe2422r
Twitter: @karada_uruoi
フォロー大歓迎です。お気軽によろしくお願い致します!

 

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter