menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

20
ボディーケア

筋肉の痛みの急性と慢性の違いとその仕組み

2018/09/30

筋肉の痛みの急性と慢性の違いとその仕組み

 

急性と慢性の違いは、炎症があるかどうか。
厳密にいえば慢性でも炎症はあります。
しかし、ズキズキ感を感じられるかどうか。

 

ぎっくり腰や寝違えの多くは骨ではなく筋肉の炎症です。

 

筋肉の繊維が切れてしまうことが、あの猛烈な痛みを引き起こすのです。

 

ぎっくり腰のつらさといったらもう!

 

レベルは人それぞれですが、
身動きも取れなくなる人もいます。

 

炎症が治まるまではそうとうつらいです!

 

炎症を早めに改善するには、アイシングは重要です。
温めてしまうと、炎症をさらに促進してしまいます。
保冷剤などをタオルなどに巻いて、患部を10分ほど冷やします。
あまり長過ぎると凍傷の危険があるので、10分~15分くらいまでにしましょう!

 

あとは、私の施術では、ないのですが、超音波治療は効果的です。
整骨院や接骨院には置いてある所が多いです。
急性の症状で、ぎっくり腰や寝違えなどは
この方法で落ち着いてきます。(例外もあります。)

 

足首の捻挫などの場合は、
これプラス テーピングなどで固定の必要があります。
詳しくはまたコラム書きます。

 

では一方、慢性の痛みはどんなものでしょうか?

 

急性のようなズキズキ感はなく、重いようなズーンとした痛みやだるさ、
つっぱり感など、人によって症状は異なります。
慢性の症状になるまでは、いくつものサイクルがあります。
筋肉の回復の仕組みとも関連がございます。

1週間以上痛みが続き、痛みの種類が変わってきたら慢性の痛みに切り替わります。
もし、1週間以上同じようなズキズキ感を感じている場合は、
急性を繰り返している可能性があります。

痛い箇所を動かしてしまって、回復が追いつかず、
再度痛めてしまうということを繰り返している場合は急性が続きます。

また、原因が筋肉ではなく内臓由来の場合は、
1週間以上経っても痛みが変わらなかったり、悪化していることもございます。

気になる場合は病院をオススメ致します。

では慢性の痛みになるまでの変化はどういったものなのでしょうか?

筋肉の繊維が微細にでも傷付くと、そこに免疫反応が出ます。
刺激があった箇所に白血球を集めてくるのです。

これにより、組織の修復が始まります。

しかし、修復が中途半端だと、
そこが筋肉の固まりの筋硬結というコブのようなものができてしまいます。

そうすると、その周囲が緊張し、力が入ったままになってしまいます。
筋肉は緊張するし、血流も悪くなります。

また、その固まりが痛まないように周りの筋肉はコルセットのように固くなり守ろうとします。

この悪循環により、さらに筋肉が緊張し、血流が悪くなるのです。
発痛物質に関しても、痛みを感じている間は、交感神経の緊張と運動神経の興奮が起こります。

その結果、血行が悪くなり、発痛物質の発生が引き起こされます。
これが筋肉の痛みの慢性化のシステムです。

慢性化になると、血流が悪いので、血流を促進する必要があります。
筋肉をほぐしたり、温めたり、ストレッチをしたり、とにかく循環をよくする必要があります。ある箇所が筋肉の緊張があったり、慢性の筋肉の痛みがあると、
その周りや拮抗する筋肉や連動する筋肉も緊張しやすくなり、
時間とともにさらに体の痛みや重さを感じるようになります。
多くの箇所が痛いとどこが元で痛いのかわからなくなり、
ただの疲れと勘違いする人もいます。筋肉の痛みは自律神経も乱し、交感神経を優位にするので、
頭痛が出たり、めまいや吐き気を伴う人もいます。
これほどまでに影響がある筋肉の痛み。

放置しないで適切な施術を受けて、
改善させましょう。

筋肉の痛みがなくなると、
いかに快適な生活なのか本当にその違いにビックリすることでしょう。

 

 

。°.。❅°.。゜.❆。・。❅。。❅°.。゜.❆。・。。❅°.。゜.

 

カラダうるおいクリエイター
藤林源(ふじばやしはじめ)
湘南エリア(藤沢、湘南台)を中心に活動。
・整体
・訪問整体
・エネルギーワーク(気功)
治療院院長経験あり。累計2万人を施術。
問診をそれぞれの状態に合わせてカスタマイズした施術をします。
お気軽にご相談下さい。
LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40dwe2422r
ID検索の場合:@dwe2422r
Twitter: @karada_uruoi
フォロー大歓迎です。お気軽によろしくお願い致します!

 

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter