menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

08
栄養学

薬やマスクいらず!!花粉症の症状を食べ物で改善する方法

2018/10/25

薬やマスクいらず!!花粉症の症状を食べ物で改善する方法

 

アレルギーって付き合い方で変わります。
花粉症は食事でも大きく改善するのです。

僕は花粉症でした。

 

2年前の10月!

ブタクサの季節の症状は半端ではなくて、
当時は花粉症がエスカレートして、蓄膿症になってしまいました。

 

薬を飲まないと鼻水もクシャミも止まらない状態でした。
それなのに、今年の春の花粉の時期も
今このブタクサの10月も花粉症に困っておりません。
この変化は

春に学んだDNA栄養学によるものです。

 

栄養素が体のどういう所でどのタイミングで使われるとか、
消費されるとか、仕組みを知ることでアレルギーさえも

引き起こさないことができました。
春の花粉の時期は2週間で変化が起きたのです。
食事を少し変えただけで大きな変化が起きました。
鼻水も治まり、くしゃみもなくなりました。それからというもの花粉症には困っておりません。
ブタクサもいつのま何か、そういえばブタクサの時期だなあ。という感じ。
栄養学を学んで実践するだけで、これだけの変化があるとは驚きです。

 

DNA栄養学は体質ごとの食事の仕方も学べるので、
一人一人に会ったものをしっかり考えながら摂ることができます。
この栄養はどのような時に必要か。
この体質だとこの栄養素は多めに必要だとか。
分析ができるように学べます。

 

僕の場合、腸内環境を整えるために発酵食品を多めに摂り、
アレルギーに効くビタミンDとしてキノコをよく食べました。
そして、引き算としては、カフェインと甘いお菓子を減らしました。

これだけで2週間で花粉症は治りました。

 

実際には回路の仕組みや複雑な作用があり、
そういう食事の選択なのですが、詳しくは直接お伝え致します。
体は食でできているので、
ご家族の食事も気になりますよね。
お子様の食事にも参考になります。

 

栄養学についてもLINE@でお気軽にご質問下さい!
質問し放題のLINE@は↓のリンクからご登録お願い致します!!

。°.。❅°.。゜.❆。・。❅。。❅°.。゜.❆。・。。❅°.。゜.
カラダうるおいクリエイター
藤林源(ふじばやしはじめ)
湘南エリア(藤沢、湘南台)を中心に活動。
・整体
・訪問整体
・エネルギーワーク(気功)
治療院院長経験あり。累計2万人を施術。
問診をそれぞれの状態に合わせてカスタマイズした施術をします。
お気軽にご相談下さい。
LINE@: https://line.me/R/ti/p/%40dwe2422r
ID検索の場合:@dwe2422r
Twitter: @karada_uruoi
フォロー大歓迎です。お気軽によろしくお願い致します!

 

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter

PICK UP

 

Column