menu
search

Blog
by Rie Takagi

Column

05
栄養学

貧血と胃の不調との関係

2018/07/01

貧血と胃の不調との関係

貧血で鉄分を摂っていてもなかなか貧血がよくならないという人。
レバーを食べたり、ほうれん草を食べたりしても
なかなか貧血が解決しないという人もいます。

 

そんな方は、栄養を吸収できる状態かの確認も必要です。

 

胃の調子が悪くありませんか?

 

実は胃で吸収しようとしても、胃が不調だと鉄分が効率的に吸収できません。

 

 

胃には鉄分の吸収を促進する物質が出ております。
胃酸にも鉄分を促進する働きがあります。

 

しかし、胃の機能が弱っていたり、
衰えていると通常よりも鉄分の吸収が弱まってしまうのです。

 

さらに、胃に傷や潰瘍などがあったりすると、
その出血が原因で鉄分がそちらに奪われてしまい、
貧血が進んでしまうこともあります。

 

胃の不調は、
胃の不調の原因
・食べ過ぎ
・胃の負担になる食べ物
・冷たい食べ物や飲み物
・考え過ぎ
・ストレス
・猫背
・呼吸の浅さ
などがきっかけで胃が弱ったりします。

 

これらを解決するにはそれぞれの解決策がございます。

 

今後もコラムなどを通してお伝えしていきます。

 

施術でも様々な栄養学的な知識をお伝えします。
藤沢市湘南台周辺にお住まいの方は
カラダうるおいクリエイター 藤林源にお気軽にご相談下さい!!

 

また、私のLINE@では、お気軽に健康知識などのご質問を頂き回答致しております。
なんでもご質問下さい!!

 
 
 
 

 

Share on FacebookGoogle+Tweet about this on Twitter