menu
search

夢実現学

夢実現学とは

夢実現学

量子力学×脳科学×社会心理学 ~見えないところで世界は動く~

 

夢や目標を設定しても実現できるのは、ごく一部の人だと思っていませんか?

夢実現学ではきれいごとをきれいごとのままにしません。

手に職を持っている人を対象にして、 夢の実現のために何をすべきかをお伝えしております。

 

私が今まで何かを達成しようとしていた時に、 目に見えるものだけを努力するだけでは効率的ではないと気付きました。 そこで試行錯誤したことや、学んで実践してきたことの中でより良いものを、 量子力学、脳科学、社会学などの観点から夢を叶えるための考え方とそれを行動レベルにまで落とし込んだことをお伝え致します。

 

健康を考える上で、様々な方法を選択・統合し、最も適切な健康法や治療法を行うための多くの視点が必要になります。

 

決めつける考え方ではなく、幅広く柔軟な姿勢が大事になります。

 

どんなことに効果があるのか

夢は努力だけでもうまくいかないことがあります。自分の行動が見えない間に夢の実現に繋がっていることって意外とあるのです。
その見えない仕組みなどを私はわかりやすい言葉に置き換えてお伝えしていきます。

実現するための志、考え方、仕組み、人脈作りについてなどをセミナーでお伝えして、一人一人のご質問にも後日お答え致します。

手に職を持っている人が夢を実現するためには、それぞれの時期があります。
①まねる時期

②努力の時期

③広める時期

④影響を与える時期

時期によって取り組む行動内容が異なります。

そして、私が重要視している下記の内容についても考えてフォロー致します。

・情報
・人の特性
・人脈
・習慣
・キャパシティ
・モチベーション

夢を諦めるような社会にはしたくないです。今後どんどん夢を叶えられる社会にしていきたいです。

 

こんな方に効果的です

・叶えたい夢や目標があるが動き出せない。

・手に職があるのに活かせていない。

・自分のペースで仕事をしたい。

・頑張っているのに結果が出ずに焦っている。