menu
search

筋肉呼吸調整法

筋肉呼吸法とは

筋肉呼吸調整法とは、筋肉の収縮と呼吸の因果関係の仕組みを利用して、効率的に筋肉を弛める手法です。

呼吸を吐く時に筋肉が弛むという特性を利用して、呼吸法を使用して、吐く際に筋肉を押したり、ストレッチをしたりします。

これにより、呼吸を意識していない場合より何倍も弛みます。

呼吸は自律神経にも関係が強いので、自律神経を整える際も効果的です。

 

 

このセラピーの特徴・効果

呼吸は自律神経の中で一番コントロールしやすい機能です。

そのため、呼吸法を使用することで身体をリラックスさせたり、弛めたりすることが可能です。

そこで、筋肉を弛める上でも呼吸法を使用することで、弛めやすくします。

筋肉を押したり、ストレッチをしたりする時に、長く吐く呼吸を意識するようにしますが、これがご自身でも定着するとご自身の身体をコントロールしやすくなります。

 

 

効果

  • 弛みにくい筋肉へのアプローチ
  • 自律神経を整える
  • ストレッチ効果の倍増
  • 呼吸器の強化