menu
search

経絡セラピー

経絡セラピーとは

経絡とは、中医学の考え方で、「気、血、水」の通り道です。よくいうツボはその中に分布する「経穴」のことです。

気が弱った箇所や気が滞っている箇所などの経穴に痛むポイントがあったりします。

内臓の機能が弱り気味の人も、関係する経絡を整えることで、内臓の機能をUPさせることにも繋がります。

 

 

このセラピーの特徴・効果

身体の「気、血、水」の巡りが滞っている部分に対して適切な施術をすることで、自然治癒力を高める。

そして、弱っている箇所の活力を取り戻すことで、未病の段階のものも症状を和らげる。

 

効果

  • 未病の改善。
  • 不定愁訴や自律神経関係の症状にも対応。
  • 内臓の弱っている所へも活力を与える。
  • 離れた箇所の痛みの緩和。

 

PICK UP

 

Column